どのようにLinuxでシステムのネットワークドライバをインストールする

どのようにLinuxでシステムのネットワークドライバをインストールする

はじめに –

“AttansicルネサステクノロジのL1ギガビットイーサネットAdapte”ネットワーク(NIC)のカードまたはアダプタのRHEL4のが(RedHatの)システムが検出されませんでした。私はデバイスを検出するために葛などのコマンドを実行しているが、それを使用してみました。だから最終的に私は自分のネットワークカードのドライバをインストールする必要があります…

ステップ1] [デバイスの状態(ネットワークカード) –

ハードウェアのconfファイルからデバイスのステータスは以下の参照してください*〜”は/ etc / sysconfig / hwconf”
* AttansicルネサステクノロジのL1 Gigabit Ethernetアダプタは検出 – 不明なデバイス8226

03:00.0 Ethernetコントローラ:AttansicルネサステクノロジのL1 Gigabit Ethernetアダプタ(回転B0を)
サブシステム:マザーボードのunity:不明なデバイス8226
コントロール:I/O- Mem +バスマスタ+ SpecCycle – MemWINV – VGASnoop – ParErr -ステッピング- SERR + FastB2B –
状況:キャップ+ 66MHzのはUDF – FastB2B – ParErr – DEVSEL = fastを”TAbort -“TAbort – <MAbort-“SERR +”PERR –
待ち時間:0、キャッシュラインサイズ10
割り込み:IRQを201にルーティングされるピン

…..

[デスクトップ@ルート〜]#lspciを

03:00.0 Ethernetコントローラ:AttansicルネサステクノロジのL1 Gigabit Ethernetアダプタ(回転B0を)

…..
[デスクトップ@ルート〜]#lspciを-ム

03:00.0クラス0200:1969:1048(回転B0を)

…..
[デスクトップ@ルート〜]#

* venderID&DeviceIDを”1969:1048 “….上記のドライバをダウンロードしてください

ステップ2]をダウンロードしてソースを展開する –

ここからまず、ダウンロードベンダー*ドライバ

ftp://ftp.hogchain.net/pub/linux/attansic/vendor_driver/l1-linux-v1.2.40.3.tar.gz

または
オープンソース(http://atl1.sourceforge.net/)

[デスクトップ@ルート〜]#のtar xvfzのL1 – linuxの- v1.2.40.3.tar.gz

[デスクトップ@ルート〜]#のCDのL1 -のlinux – v1.2.40.3

[デスクトップの鉄骨@ルート]#1!
at_ethtool.c at.h at_hw.c at_hw.h at_main.c at_osdep.h at_param.c kcompat.c kcompat_ethtool.c kcompat.hのMakefile
[デスクトップの鉄骨@ルート]#

*ここでコンパイルしてドライバをインストールする

[デスクトップの鉄骨@ルート]を#
メイクĈ / lib/modules/2.6.9-78.ELsmp/buildはSUBDIRS = / root/l1-linux-v1.2.40.3/srcモジュール
する[1]:入りますディレクトリ`/ usr/src/kernels/2.6.9-78.EL-smp-i686′

…..
する[1]:出ますディレクトリ`/ usr/src/kernels/2.6.9-78.EL-smp-i686′
[デスクトップの鉄骨@ルート]#$エコー?
0

[デスクトップの鉄骨@ルート]をインストールする#
メイクĈ / lib/modules/2.6.9-78.ELsmp/buildはSUBDIRS = / root/l1-linux-v1.2.40.3/srcモジュール

…..
男- Ç – P’を猫”/ dev / nullを’atl1 | |真の
[デスクトップの鉄骨@ルート]#$エコー?
0

*ここでモジュール….カーネルをロードする

[デスクトップの鉄骨@ルート]#modprobeをatl1

ステップ3]今すぐかどうかをカーネルドライバまたは機能していることを確認します –

[デスクトップの鉄骨@ルート]#modinfoのatl1
ファイル名:/ lib/modules/2.6.9-78.ELsmp/kernel/drivers/net/atl1/atl1.ko
著者:Atherosの株式会社<xiong.huang@atheros.com>
説明:Atherosの1000Mのイーサネットネットワークドライバ
ライセンス:GPLの
バージョン:1.2.40.3 1FC4E58EBDF31F49BFD33E8
parm:TxDescriptors:ディスクリプタの送信数
parm:RxDescriptors:記述子の受信数
parm:MediaTypeを:MediaTypeを選択
parm:IntModTimer:モデレータタイマ割り込み
parm:FlashVendor:SPIフラッシュメーカー
vermagic:2.6.9 – 78.ELsmp SMPの686 REGPARM 4KSTACKS gcc – 3.4の
依存します:
エイリアス:のPCI:v00001969d00001048sv *のSD * bcの*理学* iの*
[デスクトップの鉄骨@ルート]#

[デスクトップの鉄骨@ルート] netconfigに#
[デスクトップの鉄骨@ルート] ifconfigコマンド#
eth0リンク方法:イーサネットハードウェアアドレス00:西暦:54:0:XXの:wwは
inetアドレス:192.168.0.2ブロードキャスト:192.168.0.255マスク:255.255.255.0
inet6アドレス:fe80::223:54ファカルティフェロー:fe0a:616b/64範囲:リンク
のBROADCASTがRUNNING MULTICASTのMTUをアップ:1500メトリック:1
RXパケット:0エラー:0損失:0オーバラン:0フレーム:0
TXパケット:7エラー:0損失:0オーバラン:0キャリア:0
衝突:0 TXキュー長:1000
RXバイト:0(0.0 2)テキサスバイト:498(498.0イ)
メモリ:feac0000 – feb00000

…..

[デスクトップの鉄骨@ルート]#

[デスクトップ@ルート〜]#viのは/ etc / sysconfig / hwconf

クラス:Network
バス:PCI
切り離された数:0
デバイス:eth0の
ドライバ:atl1
降順:”AttansicルネサステクノロジのL1 Gigabit Ethernetアダプタ”
network.hwaddr:00:西暦:54:0:XXの:wwは
のVendorID:1969
のDeviceID:1048
subVendorId:1043
subDeviceId:8226
pciType:1
pcidom:0
pcibus:3
pcidev:0
pcifn:0
[デスクトップ@ルート〜]#

楽しむ、
Arun Bagul

Similar Posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *