マルチユーザ会議(MUの-会議)Jabberのために(のjabberd2)

マルチユーザ会議(MUの-会議)Jabberのために(のjabberd2)

はじめに〜

してください。/ configureをのjabberd2 …インストールするには次の資料を参照してください

How to configure Jabber (jabberd2) with MySQL,PAM as auth database

要件〜

*次のパッケージはMUのコンパイルするには会議が必要な…

ノートパソコン@ルート:〜#のapt -あります:libglib2.0 – 0あります:libglib2.0 get installを- devに関するリンク
ノートパソコン@ルート:〜#のapt – libidn11 libidn11 get installを- devに関するリンク
ノートパソコン@ルート:〜#のapt – lib64expat1 lib64expat1 expatをインストール- devパッケージlibexpat1 – devののliblua5.1 – expatの- devパッケージのliblua5.1 – expat0を取得

ステップ1]どのように”MUのコンパイル会議” –

*ダウンロード”MUの-会議”/プロジェクト/ムー会議/ – https:/ / gna.org次のURLから

ノートパソコン@ルート場合:/ var /鉄骨#wgetの- Ç http://download.gna.org/mu-conference/mu-conference_0.8.tar.gz
ノートパソコン@ルート場合:/ var /鉄骨#のtar xvfzムー- conference_0.8.tar.gz
ノートパソコン@ルート場合:/ var /鉄骨#CDのムー- conference_0.8 /
ノートパソコン@ルート:/ var/src/mu-conference_0.8#

MUのコンパイル*会議

ノートパソコン@ルート:/ var/src/mu-conference_0.8する#
CDの鉄骨/;する
する[1]:入りますディレクトリ`/ var/src/mu-conference_0.8/src’
CDのjabberdが;する
する[2]:入りますディレクトリ`/ var/src/mu-conference_0.8/src/jabberd’

… ..

ノートパソコン@ルート:/ var/src/mu-conference_0.8#$エコー?
0
ノートパソコン@ルート:/ var/src/mu-conference_0.8#

ステップ2]の設定MUの-会議 –

*今”のjabberd2のインストールディレクトリにバイナリの”MUの、会議のコピー –

ノートパソコン@ルート:〜#cpは/ var/src/mu-conference_0.8/src/mu-conference / usr/local/jabberd-2.2.9/bin /
ノートパソコン@ルート:〜#chownのjabber:のjabber / usr/local/jabberd-2.2.9/bin/mu-conference
ノートパソコン@ルート:〜#ls – lを/ usr/local/jabberd-2.2.9/bin/mu-conference
– rwxr – xr – xに1のjabberのjabber 191904 2009年10月12日午後06時59 / usr/local/jabberd-2.2.9/bin/mu-conference
ノートパソコン@ルート:〜#

ノートパソコン@ルート:〜#/ usr/local/jabberd-2.2.9/bin/mu-conference -ヘルプ
Jabberのコンポーネントのランタイム – 0.2.4
(℃)2003-2004ポールカーティス

/ usr/local/jabberd-2.2.9/bin/mu-conference:無効なオプション – ‘ – ‘
用途:ムー会議[- B]を[-] [- h]オプション掲載[- Dレベル] – cファイル
– Bの背景には、デーモン入れ
-地図をstderrにデバッグメッセージを掲載
このヘルプ印刷時間
出力のデバッグDレベルを設定するレベル
– Cファイルの設定は、configファイルに、必須の引数
ノートパソコン@ルート:〜#

“”のMUの、会議のスプールディレクトリを作成する。ムーの会議コンポーネントは、会議室情報を格納するためのスプールディレクトリが必要です。

ノートパソコン@ルート:〜#MkDir関数/ usr/local/jabberd-2.2.9/var/spool
ノートパソコン@ルート:〜#chownのjabber:のjabber / usr/local/jabberd-2.2.9/var/spool

注〜”のjabber:ジャバー”ユーザー/のjabberd2サーバーのグループ名です。

*のjabberd2インストールディレクトリのconfigファイル”MUの-会議”をコピーして設定を編集 –

ノートパソコン@ルート:〜#cpは/ var/src/mu-conference_0.8/muc-default.xml / usr/local/jabberd-2.2.9/etc/mu-conference.xml
ノートパソコン@ルート:〜#chownのjabber:のjabber / usr/local/jabberd-2.2.9/etc/mu-conference.xml
ノートパソコン@ルート:〜#

ノートパソコン@ルート:〜#viの/ usr/local/jabberd-2.2.9/etc/mu-conference.xml

<名前> conf.laptop.ubuntu.me”/名前”
<ホスト> conf.laptop.ubuntu.me”/ホスト”
<ip> localhostを”/ ipの”
ポート> 5347″/ポート”
<secret>の秘密”/秘密”

<spool> / usr/local/jabberd-2.2.9/var/spool”/スプール”
<logdir> / /場所LOGDIR””usr/local/jabberd-2.2.9/var/log
<pidfile> / / pidfileの””usr/local/jabberd-2.2.9/var/run/mu-conference.pid

<loglevel> 255″/ログレベル”

<sadmin>
<ユーザ名> admin@laptop.ubuntu.me”/ユーザ”
“/ sadmin”


… ..
ノートパソコン@ルート:〜#

*ここで、その後のjabberd2サーバーを再起動する”MUの-会議”…

ノートパソコン@ルート:〜#洙-リットルのjabber – sを/ bin / bashを- c”を/ usr/local/jabberd-2.2.9/bin/mu-conference -のB – ç / usr/local/jabberd-2.2.9 /等/ムー”conference.xml
ノートパソコン@ルート:〜#

*以下の記事は、initプロセスは起動スクリプトの例:’上記のチェック/ etc/init.d/jabberd2’ムーが開始されます会議。

ノートパソコン@ルート:〜#テール- f / usr/local/jabberd-2.2.9/var/log/mu-conference.log
月10月12日午前19時19分40秒2009 main.c:168(メイン):Jabberのコンポーネントのランタイム – 0.2.4を開始。
月10月12日午前19時19分40秒2009 MUの-会議:[conference.c:1076(会議)]ムー会議読み込んでいます – サービスID:conf.laptop.ubuntu.me

月10月12日午前19時19分40秒2009 MUの-会議:[conference.c:1157(会議)] sadmin admin@laptop.ubuntu.me追加
月10月12日午前19時19分40秒2009 MUの-会議:[xdb.c:319(xdb_rooms_get)] XDBのから部屋を取得するように求め
月10月12日午前19時19分40秒2009 MUの-会議:[xdb.c:418(xdb_rooms_get)] ..スキップ検索結果0件
月10月12日午前19時19分40秒2009 main.c:219(メイン):メインループを開始する。
月10月12日午前19時19分40秒2009 jcr_base_connect.c:34()jcr_socket_connect:localhostに接続しようとすると:5347
月10月12日午前19時19分40秒2009 jcr_base_connect.c:87(jcr_send_start_stream):オープンXMLストリーム:173バイト送信
月10月12日午前19時19分40秒2009 jcr_main_stream_error.c:50(jcr_main_new_stream):サーバのストリームに接続。
月10月12日午前19時19分40秒2009 jcr_deliver.c:51(jcr_queue_deliver):パケットの配信スレッドを開始する。

完了!

ステップ3]テスト”MUの-会議” –

*”で’サービスディスカバリーのと、部屋リストを確認する上でPSIの”IMクライアント、後藤[全般]メニュー]をクリックします…
*”‘ルームリスト’でGaim”IMクライアント、後藤、[ツール]をクリックします]セクションで。

一度’ムー会議’サーバが検出されました。 ‘をクリックしてください+のpidginバディー’メニューの’チャット’を追加します。 ‘にPSIのクリックの場合には参加Groupchat'[全般]メニューから””とし、参加する会議/ルーム追加するには’Conferneceルーム’。

楽しむ、
Arun Bagul

Similar Posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *