どのようにテストネットワークパフォーマンスと帯域幅に

どのようにテストネットワークパフォーマンスと帯域幅に

はじめに –

ネットワークの遅延や帯域幅は、2つのメトリック最も興味を引かされる可能性が高いときのベンチマークネットワーク。ほとんどのサービスや製品の広告は倍の帯域幅に焦点を当てても待ち時間が以上のメトリックの重要なことができます。

**帯域幅とは何ですか?

帯域幅(BW)は、コンピュータネットワークのネットワーク接続、またはインターフェイスによってサポートされているデータレートを指します。 BWはビット/秒(bps)の条件で測定されます。

ネットワークの待ち時間は何**ですか?

レイテンシは、システム内の経験の遅延時間の測定値です。遅延時間は別のポイントからのデータを送信するように観察されるネットワークの遅延は、単に定義されています。ネットワークの遅延に寄与する要因がいくつかあります。これらは、(接続の媒体)の距離、ルータとコンピュータハードウェアの遅延を送信含まれています。

ネットワークのパフォーマンスおよび帯域幅をテストするために使用されるプロジェクトのリスト –

1)bmonのは – 、それが基づいてコンソールです帯域幅モニタ、レート推定、BWを生きる
2)bwbar – テキストとグラフィックの帯域幅の使用形式
3)はbwm – ngの – 帯域幅モニタNGの(次世代、ベースのコンソールは、BWライブ
4)のdstat – Dstatはは、vmstat、iostatおよびifstatに関する置き換わるものです。
5)iftopの – インターフェイスの帯域幅の使用量は、コンソールベース
6)iperfの – を実行するネットワークスループットテストは、2つのホストを賭ける
7)ifstat – レポートインターフェイスの統計情報
8)cbmのは、 – カラー帯域幅メーター、コンソールベース
9)etherape – グラフィカルなネットワークトラフィックブラウザ
10)がiptrafのは – 対話式のカラフルなのIP LAN Monitorは、コンソールおよびGUIベースの
11)netmrg – それはデーモンベースのMySQLのサポートは、デバイスからデータを収集されます。
12)nuttcpの – ネットワークのパフォーマンス測定ツール
13)nepim

注は、それらのいくつかはrpmまたはdebパッケージが利用可能にされていない〜!

ステップ1]は、どのようにインストールするにはRedHat / RHCEのは、CentOSベースのシステムDibianベースのシステム?

ルート@私:〜#yumをインストールするのnetperf iperfのnuttcpののnepimのlmbench

** Ubuntuの –

ルートは@私:〜#のapt – netmrg iperfののifstatのiptraf iftopのbmonののbwbar bwm – ngののdstatのcbmのetherapeをインストール取得

ステップ2]どのように使用する – bmonのを、bwm – ngの、のdstat、ifstat –

root@me:~# bmon

interface: lo at me.arun.world

#   Interface                RX Rate         RX #     TX Rate         TX #
───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
me.arun.host (source: local)
0   lo                         0.00B            0       0.00B            0
1   eth0                       0.00B            0       0.00B            0
2   eth2                       0.00B            0       0.00B            0
3   vboxnet0                   0.00B            0       0.00B            0
4   pan0                       0.00B            0       0.00B            0
5   ppp0                      69.39KiB         61       7.49KiB         44

root@me:~# bwm-ng

bwm-ng v0.6 (probing every 0.500s), press ‘h’ for help
input: /proc/net/dev type: rate
\         iface                   Rx                   Tx                Total
==============================================================================
lo:           0.00 KB/s            0.00 KB/s            0.00 KB/s
eth0:           0.00 KB/s            0.00 KB/s            0.00 KB/s
eth2:           0.00 KB/s            0.00 KB/s            0.00 KB/s
ppp0:          64.39 KB/s            7.92 KB/s           72.31 KB/s
——————————————————————————
total:          64.39 KB/s            7.92 KB/s           72.31 KB/s

root@me:~# dstat
—-total-cpu-usage—- -dsk/total- -net/total- —paging– —system–
usr sys idl wai hiq siq| read  writ| recv  send|  in   out | int   csw
7   4  85   4   0   0| 281k  110k|   0     0 |   0     0 | 865  3013
8   4  88   0   0   0|   0     0 |7027B 1261B|   0     0 | 956  4505
8   5  86   0   0   0|   0     0 |  14k 1867B|   0     0 |1144  3332
9   5  86   0   1   0|   0     0 |  79k 2496B|   0     0 |1360  3366
18   8  74   0   0   0|   0     0 |  52k 6511B|   0     0 |1299  3618
8   6  85   0   1   0|   0     0 |  35k 5339B|   0     0 |1094  4231
6   4  90   0   0   0|   0     0 |   0  3164B|   0     0 | 953  2750 ^C
root@me:~#

root@me:~# ifstat
eth0                eth2                ppp0
KB/s in  KB/s out   KB/s in  KB/s out   KB/s in  KB/s out
0.00      0.00      0.00      0.00     95.73      4.31
0.00      0.00      0.00      0.00     67.93      8.17
0.00      0.00      0.00      0.00    106.77     13.70

つのホスト(A)と、クライアント別のホスト(B)の上**スタート”iperfの”サーバー – 2つのホスト間のネットワークのスループットを測定しています。

* Host -A

root@me:~# iperf -s
————————————————————
Server listening on TCP port 5001
TCP window size: 85.3 KByte (default)
————————————————————
[  4] local 192.168.0.1 port 5001 connected with 192.168.0.2 port 56171
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  4]  0.0-10.0 sec  9.11 GBytes  7.82 Gbits/sec

* Host -B
test@hostB:~$ iperf -c 192.168.0.1
————————————————————
Client connecting to 192.168.0.1, TCP port 5001
TCP window size: 49.5 KByte (default)
————————————————————
[  3] local 192.168.0.2 port 56171 connected with 192.168.0.1 port 5001
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  0.0-10.0 sec  9.11 GBytes  7.82 Gbits/sec
test@hostB:~$

root@me:~# iftop
root@me:~# cbm

Thank you,
Arun Bagul

Similar Posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *