トップ5 – オープンソースのネットワークおよびパフォーマンスの監視+警告システム

トップ5 – オープンソースのネットワークおよびパフォーマンスの監視+警告システム


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/indiangn/public_html/wp-content/themes/lighthouse/functions.php on line 198

はじめに – ネットワークと様々なアプリケーションを監視するには、商務の最も重要な部分です。あなたは完全に何かがおかしくなったときに通知するために、このツールに返信されますので、そのように監視ツールを選択すると、重要かつ最も重要な作業です! 1)Nagiosは – 人気のあるオープンソースのコンピュータシステムのモニタ、ネットワーク監視およびインフラストラクチャの監視ソフトウェアアプリケーションです。 Nagiosは、サーバ、スイッチ、アプリケーション、およびサービスのための完全な監視と警告を提供しており、事実上の業界とみなされます 標準。 Nagiosは監視アクティブとパッシブの2種類をサポートしています。アクティブ監視Nagiosのスケジュールの場合、または積極的に言及しサービスをチェックします。パッシブチェックの場合には一方で、外部アプリケーションは、サービスチェックの結果を提出することができます。 – パッシブチェックはNSCA(Nagiosはサービスチェック·アクセプター)デーモンは、UNIXソケット経由でNagiosにパッシブチェックを提出し、ネットワークを介してパッシブチェックを受け入れるようにNagiosのサーバー上で実行する必要があります。 – AcitiveチェックNRPE(Nagiosのプラグインのリモートエグゼキュータ)デーモンの意志は、サービスを監視するために、リモートマシン上で実行する必要があります。しかし、あなたは同様にSSHを使用することができます。 以下に示すように、リモートホストとサービスを監視するNagiosのコミュニティはあなたにいくつかのプラグインを提供します… * NRPE – NRPEデーモンは、Nagiosのホストからのcheck_nrpeプラグイン(コマンド)を経由してリモートホストとNagiosリモートホスト上になりますチェックのサービス上で実行されます。 * Check_MK – リモートホストを監視するための最良のNagiosプラグイン。このプラグインの美しさはコモンズのサービスのほとんどは、リモートホストへの1つの接続でチェックされ、その結果をNagiosにパッシブ結果として提出されていることです。これは、パフォーマンス、ネットワークトラフィックが少ないともちろんリモートホスト(我々は監視されている)上に、無負荷または負荷を改善します。 Check_MKのために、私たちはcheck_mkエージェントすなわちcheck_mk_agent単純なシェルスクリプトをインストールする必要があるとxinetdデーモンを使用してTCPポート6556にこのスクリプトをバインドします。 Check_MKは、次の機能を提供します。 – Check_MKサポート動的なNagiosのコンフィギュレーションの生成、チェックのインベントリ。 – Livestatus – 美しいプラグインはNagiosが(UNIXソケット)と通信するために – NagiosのマルチGUI – 単一のWebベースのインターフェースから複数のNagiosを監視する – 同様に多くのシスコ製スイッチ、ルータ、およびNetAppファイラのSNMPサポートとサービスの自動検出。 NagiosのマルチGUI – Check_MK Nagiosプラグインのもう一つの美しさは、1つのWebベースのインターフェイスを使用して複数のNagiosをmontoringされています。このWebベースのインタフェースusese Check_MK LivestatusプラグインはNagiosのデータを取得します。 Check_MK – http://mathias-kettner.de/ URL – http://www.nagios.org/~~V 作者 – イーサンGalstad 2)神経節 – クラスターやグリッドなどの高性能コンピューティングシステムのためのスケーラブルな分散システム·モニター·ツールです。これは、ユーザーがリモートで監視されているすべてのマシンのライブや歴史的な統計情報を(例えば、CPUの平均負荷やネットワークの使用率など)を表示することができます。 Gangliaはあっても、クラスタ環境でのアプリケーションまたはチーム単位でのリソース使用率を見つけるために非常に便利です。我々は、すべての統計情報を収集し、各マシン(グループまたはクラスタ内の)にgmond(神経モニター·デーモン)をインストールする必要があります。 …

ディスクとしてRAM(物理)を使用する方法

ディスクとしてRAM(物理)を使用する方法


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/indiangn/public_html/wp-content/themes/lighthouse/functions.php on line 198

はじめに – いつかパフォーマンスを得るために、物理的なRAMが非常に速く、通常のハードディスクと比較しているディスク領域として使用することができます。 ですから、ディスクがどのように私はRAMを使用することができますか?この手順を踏む。 以下に示すようにディスクとしてRAMをマウントするステップ1)はディレクトリを作成します。 ルート@ arunbagul:〜#でmkdir-p/ tmpに/ RAM ルート@ arunbagul:〜#lsのを/ tmp /ラム ルート@ arunbagul:〜# ステップ2)マウントポイントのマウントRAMすなわちtmpfsのは “/ tmp/ RAM”ディレクトリ ルート@ arunbagul:〜#マウントの-t tmpfsの-Oサイズ=10M tmpfsを/ tmpに/ RAM / *ないに搭載されたチェック? ルート@ arunbagul:〜#df-hコマンド ファイルシステムサイズ使用残り使用%が上に実装 tmpfsは10M010M0%/ tmpに/ RAM 以下に示すように、** / etc / fstabにこの恒久的に追加のエントリをマウントします。 ルート@ arunbagul:〜#猫/ etc / fstabに … …. tmpfsを/ tmpに/ RAM tmpfsはデフォルト値は、size =10メートル0 0 ルート@ arunbagul:〜# – (これはfstabに記述されているすべてのマウントポイントをマウントします)この使用は、mountコマンドをマウントするには …

IndianGNU.org – 4周!

IndianGNU.org – 4周!


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/indiangn/public_html/wp-content/themes/lighthouse/functions.php on line 198

すべてを親愛なる 今日は、4周年を祝っている!我々は、4年に完了が、まだ完全な速度で成長!それはあなたのサポート、貢献と努力不要で、簡単には不可能でした。 openlsmプロジェクト〜未満/強い> class=”alignleft” title=”openlsm” src=”http://www.indiangnu.org/main/images/openlsm.png” alt=”” width=”116″ height=”92″これは/>

PerlのCGI – セッションとCookieの手引き

PerlのCGI – セッションとCookieの手引き


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/indiangn/public_html/wp-content/themes/lighthouse/functions.php on line 198

はじめに – ほぼ1年前、私はPerlのCGIアプリケーションでセッションとCookieを実装するための多くの苦労した。だから、すべてあなたと私の仕事を共有すると考えられている。 私は自分の方法でそれをやってみたかった… 仮定は、Webサーバー、つまりApacheがCGIスクリプトを実行するために有効になっている Step 1] Write Auth.pm Perl module – Please simply copy following Auth.pm perl module for authentication using Session and Cookies… [root@arun ~]# cat /var/application/module/Auth.pm package Auth; ### Subroutine to authenticate user sub  User { my ($ref_page) = (@_); ### Session information my $sid = $ref_page->cookie(“APP_SID”) || undef; my $session = …

どのようにテストネットワークパフォーマンスと帯域幅に

どのようにテストネットワークパフォーマンスと帯域幅に


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/indiangn/public_html/wp-content/themes/lighthouse/functions.php on line 198

はじめに – ネットワークの遅延や帯域幅は、2つのメトリック最も興味を引かされる可能性が高いときのベンチマークネットワーク。ほとんどのサービスや製品の広告は倍の帯域幅に焦点を当てても待ち時間が以上のメトリックの重要なことができます。 **帯域幅とは何ですか? 帯域幅(BW)は、コンピュータネットワークのネットワーク接続、またはインターフェイスによってサポートされているデータレートを指します。 BWはビット/秒(bps)の条件で測定されます。 ネットワークの待ち時間は何**ですか? レイテンシは、システム内の経験の遅延時間の測定値です。遅延時間は別のポイントからのデータを送信するように観察されるネットワークの遅延は、単に定義されています。ネットワークの遅延に寄与する要因がいくつかあります。これらは、(接続の媒体)の距離、ルータとコンピュータハードウェアの遅延を送信含まれています。 ネットワークのパフォーマンスおよび帯域幅をテストするために使用されるプロジェクトのリスト – 1)bmonのは – 、それが基づいてコンソールです帯域幅モニタ、レート推定、BWを生きる 2)bwbar – テキストとグラフィックの帯域幅の使用形式 3)はbwm – ngの – 帯域幅モニタNGの(次世代、ベースのコンソールは、BWライブ 4)のdstat – Dstatはは、vmstat、iostatおよびifstatに関する置き換わるものです。 5)iftopの – インターフェイスの帯域幅の使用量は、コンソールベース 6)iperfの – を実行するネットワークスループットテストは、2つのホストを賭ける 7)ifstat – レポートインターフェイスの統計情報 8)cbmのは、 – カラー帯域幅メーター、コンソールベース 9)etherape – グラフィカルなネットワークトラフィックブラウザ 10)がiptrafのは – 対話式のカラフルなのIP LAN Monitorは、コンソールおよびGUIベースの 11)netmrg – それはデーモンベースのMySQLのサポートは、デバイスからデータを収集されます。 12)nuttcpの – ネットワークのパフォーマンス測定ツール 13)nepim 注は、それらのいくつかはrpmまたはdebパッケージが利用可能にされていない〜! ステップ1]は、どのようにインストールするにはRedHat / RHCEのは、CentOSベースのシステムDibianベースのシステム? …

上位 7 ERPおよびCRMオープンソースソフトウェア

上位 7 ERPおよびCRMオープンソースソフトウェア


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/indiangn/public_html/wp-content/themes/lighthouse/functions.php on line 198

はじめに – 何がエンタープライズリソースプランニング(ERP)ですか? ERPは、リソース、資産、金融資源、材料、人事を管理するために使用統合ソフトウェアシステムです。 その目的は、組織のすべてのビジネス機能間の情報の流れを促進することです。 顧客関係管理(CRM)は何ですか? CRMは広く顧客、クライアントと販売見通しを持つ企業の相互作用として認識されます。これは、の使用を含む 整理し、自動化、および活動、マーケティング、顧客サービス、テクニカルサポート、ビジネス(売上高)を同期させる技術です。 1)のOpenbravo Openbravo ERPの下でリリースされて中小企業のためのWebベースのERPビジネスソリューションです。 Mozilla公衆利用許諾契約書に基づいてOpenbravoの公衆利用許諾契約書、。 URLは – http://www.openbravo.com/ 2)OpenERP OpenERPは、売上高は、CRM、プロジェクト管理などのビジネスアプリケーションのオープンソースの包括的なスイートです。 倉庫管理、製造、会計、人事。 URLは – http://www.openerp.com/ 3)Fedena Fedenaは、Ruby on Railsフレームワーク上で開発されたオープンソースの学校管理ソフトウェアです。 fedenaは、入場料、学生の詳細に関連するモジュールが含まれているニュース、試験、時刻表や出席の管理、ユーザーを管理します。 URLは – http://www.projectfedena.org/ 4)JFire JFireisエンタープライズリソースプランニングや顧客関係管理システム。 JFireは、デスクトップクライアントを使用してベースのシステムのWindowsおよびLinux OSで使用可能なクライアントサーバーです。 URLは – http://www.jfire.net/ 5)ApacheのOFBiz – OFBizは、ERPシステムです。これは、統合されたビジネスプロセスの多くを自動化するエンタープライズアプリケーションを提供しています。 URLは – http://ofbiz.apache.org/ 6)SugarCRMはを SugarCRMはオープンソースソフトウェアをCRPがリードしている。 SugarCRMは私の個人的な選択です! URLは – http://www.sugarcrm.com 7)VtigerCRMを VtigerCRM最高のERPおよびCRMのWebベースのソフトウェアとは非常に簡単です。私は個人的なこのソフトウェアを使用している。それは多くのアドオンを持っています。 URLは – http://www.vtiger.com/ wiki上のERPソフトウェアのリストを参照してください – …

How to use socat with haproxy stat

How to use socat with haproxy stat

*** Introduction – All you know about the haproxy, that its the one of the good opensource load balancing software and to check the fun stats of haproxy here we using ‘socat’ – Multipurpose relay (SOcket CAT) * What is socat? Socat  is  a  command  line based utility that establishes two bidirectional byte streams and …

Read More Read More

秒アクションスクリプト〜例による学習

秒アクションスクリプト〜例による学習


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/indiangn/public_html/wp-content/themes/lighthouse/functions.php on line 198

Introduction ~ —————————————– Program (1) ~ array.sh —————————————– #!/bin/bash echo “==============” declare -a myarr[0]=”Arun” declare -a myarr1 myarr1=(arun bagul bangalore mumbai raju santhosh) myarr[1]=”Bagul” echo “my name is ${myarr[0]} ${myarr[1]}” echo “————————–” echo “${myarr1[*]}” echo ${myarr1[2]} echo ${myarr1[@]} echo “————————–” echo “Total no of elements in array – ${#myarr1[*]}” echo “Total no of elements in …

を構成する方法マルチマスターのMySQLレプリケーション

を構成する方法マルチマスターのMySQLレプリケーション


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/indiangn/public_html/wp-content/themes/lighthouse/functions.php on line 198

はじめに〜 私は長い間、マルチマスタのMySQLレプリケーションで記事を書くことを計画していた。最後に、今すぐ開始!。してください”を構成する方法1つのマスター”のURLでのMySQLのレプリケーションは、記事参照してください〜 http://www.indiangnu.org/2007/mysql-replication-one-master-multiple-slave/ *私のすべては、MySQLのマルチマスタのレプリケーションは純粋に2つの以下の変数に基づいていますことをお知らせしましょう。これはレプリケーションテクノロジー、MySQLのレプリケーションで使用されるとは何の関係もない…。 mysql> show variables like ‘%increment_%’; +——————————-+——-+ | Variable_name                 | Value | +——————————-+——-+ | auto_increment_increment      | 1     | | auto_increment_offset         | 1     | +——————————-+——-+ 2 rows in set (0.00 sec) mysql> ** Requirements ~ a) Master Hosts (2 master in my case) ~ master-1 => 10.66.66.194 master-2 => 10.66.90.135 b) Replication Slave …

どのように作成したり、RPMパッケージを構築する

どのように作成したり、RPMパッケージを構築する


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/indiangn/public_html/wp-content/themes/lighthouse/functions.php on line 198

はじめに – *””rpmbuildをツールの両方を構築するために使用され… 1)バイナリパッケージ〜ソフトウェアをインストールし、スクリプトをサポートする使用されます。これは、アプリケーションを構成するファイルが含まれ、任意の追加情報をインストールするには、それを消去する必要に沿っている。 2)ソースパッケージ〜ソースコード、パッチ、および仕様ファイルの元の圧縮されたtarファイルが含まれます。 *何のRPMとRPMパッケージマネージャですか? RPMパッケージマネージャ(RPM)は、強力なコマンドラインのパッケージ管理システムをインストールすることができる、アンインストール、検証、クエリは、ソフトウェアパッケージのアップデート。 RPMパッケージのファイルやメタアーカイブの構成データをインストールすると、アーカイブファイルを消去する使用されます。メタデータのヘルパースクリプトは、ファイル属性、およびパッケージについての記述情報が含まれます。 *以下の3点を指定する必要があるRPMパッケージをビルドするには〜 アプリケーションの1)ソース – すべての場合には、ソースパッケージの構築プロセスで使用される変更しないでください。 2)パッチ – RPM形式を利用すると、自動的にパッチを適用することができます。パッチの問題は、ターゲットシステムに固有のアドレス。これは、適切なディレクトリ、またはクロスを解決するにプラットフォームの競合がアプリケーションをインストールするmakefileの変更を含めることができます。パッチは、環境に適切にコンパイルするために必要な作成します。 3)仕様書ファイル] – [ファイル仕様のRPMパッケージをビルドプロセスの中心にあります。この情報はRPMで、同様の手順どのように構築するRPMを伝えるパッケージをビルドするために必要が含まれます。仕様ファイルには、正確にどのようなファイルは、パッケージの一部であり、指示場所にインストールする必要があります。 **仕様ファイル〜8セクションを以下に示すように分割されて 1)前文〜したときのユーザーは、パッケージに関する情報を要求される情報が含まれます。これは、ソフトウェアのバージョン番号等は、パッケージの機能の説明が含まれます イ)の準備〜ここでパッケージをビルドするのは、実際の作業を開始します。その名のとおり、このセクションでは、必要な準備を前に、ソフトウェアの実際の建物に作られています。もし何か必要な一般的に、ソースをする前にソフトウェアを構築するために行われるため、その準備のセクションで発生する必要があります。このセクションの内容は、通常のシェルスクリプトです。しかし、RPMを簡単に生活する2つのマクロを提供します。 1つのマクロは、圧縮されたtarファイルを展開することができますし、ソースディレクトリへcdします。他のマクロを簡単に展開したソースにパッチを適用します。 ℃)ビルド〜このセクションでは、シェルスクリプトで構成されます。それは何のコマンドを実行するために使用され、実際の場合、またはビルドプロセスが複雑になる、makeコマンドを1つのように、ソースをコンパイルする必要がありますが必要です。ないマクロは、このセクションでご利用いただけます。 エ)をインストールする〜このセクションには、コマンドは実際にソフトウェアをインストールするために必要を実行するために使用されているセクションをインストールするシェルスクリプトを含む。 電子)のインストールとアンインストールスクリプトを〜これはスクリプトが実行されると、ユーザーのシステムでは、パッケージが実際にインストールまたは削除される上で構成されます。 RPMは/ポストインストール/パッケージの削除スクリプトを事前に実行することができます。 メス)を確認スクリプト〜は、ユーザーのシステム上で実行されるスクリプトです。このときのRPMパッケージの適切なインストールを検証が実行されます。 グラム)クリーン項〜は、ビルド後のことをクリーンアップすることができますスクリプトです。以来、RPMは、通常の良い仕事をしてこのスクリプトではほとんど使用され、クリーンアップ、ほとんどの環境を構築します。 h)ファイルリスト〜のファイルは、パッケージで構成されるリストから成ります。さらに、マクロの数を、インストール時にファイルの属性を制御するだけでなく、ファイルのマニュアルは、アールを示すために、および構成情報が含まれて使用することができます。ファイルのリストは非常に重要です。 環境を構築するための*** RPMの要件〜 ] RPMには、ビルドを実行するディレクトリの設定が必要です。一方、ディレクトリの場所や名前を変更することができます。デフォルトのレイアウトは次のとおりです – arunsb @ルート:〜#ls – lを/ usr / srcに/ RedHatの/ drwxr – xr – xに4096 25 2007ソース=”、およびアイコンのファイルは、オリジナルのソース、パッチが含まれて8月2日のルートルート drwxr – xr – xに4096 25 …