Month: 10月 2009

マルチユーザ会議(MUの-会議)Jabberのために(のjabberd2)

マルチユーザ会議(MUの-会議)Jabberのために(のjabberd2)

はじめに〜

してください。/ configureをのjabberd2 …インストールするには次の資料を参照してください

How to configure Jabber (jabberd2) with MySQL,PAM as auth database

要件〜

*次のパッケージはMUのコンパイルするには会議が必要な…

ノートパソコン@ルート:〜#のapt -あります:libglib2.0 – 0あります:libglib2.0 get installを- devに関するリンク
ノートパソコン@ルート:〜#のapt – libidn11 libidn11 get installを- devに関するリンク
ノートパソコン@ルート:〜#のapt – lib64expat1 lib64expat1 expatをインストール- devパッケージlibexpat1 – devののliblua5.1 – expatの- devパッケージのliblua5.1 – expat0を取得

ステップ1]どのように”MUのコンパイル会議” –

*ダウンロード”MUの-会議”/プロジェクト/ムー会議/ – https:/ / gna.org次のURLから

ノートパソコン@ルート場合:/ var /鉄骨#wgetの- Ç http://download.gna.org/mu-conference/mu-conference_0.8.tar.gz
ノートパソコン@ルート場合:/ var /鉄骨#のtar xvfzムー- conference_0.8.tar.gz
ノートパソコン@ルート場合:/ var /鉄骨#CDのムー- conference_0.8 /
ノートパソコン@ルート:/ var/src/mu-conference_0.8#

MUのコンパイル*会議

ノートパソコン@ルート:/ var/src/mu-conference_0.8する#
CDの鉄骨/;する
する[1]:入りますディレクトリ`/ var/src/mu-conference_0.8/src’
CDのjabberdが;する
する[2]:入りますディレクトリ`/ var/src/mu-conference_0.8/src/jabberd’

… ..

ノートパソコン@ルート:/ var/src/mu-conference_0.8#$エコー?
0
ノートパソコン@ルート:/ var/src/mu-conference_0.8#

ステップ2]の設定MUの-会議 –

*今”のjabberd2のインストールディレクトリにバイナリの”MUの、会議のコピー –

ノートパソコン@ルート:〜#cpは/ var/src/mu-conference_0.8/src/mu-conference / usr/local/jabberd-2.2.9/bin /
ノートパソコン@ルート:〜#chownのjabber:のjabber / usr/local/jabberd-2.2.9/bin/mu-conference
ノートパソコン@ルート:〜#ls – lを/ usr/local/jabberd-2.2.9/bin/mu-conference
– rwxr – xr – xに1のjabberのjabber 191904 2009年10月12日午後06時59 / usr/local/jabberd-2.2.9/bin/mu-conference
ノートパソコン@ルート:〜#

ノートパソコン@ルート:〜#/ usr/local/jabberd-2.2.9/bin/mu-conference -ヘルプ
Jabberのコンポーネントのランタイム – 0.2.4
(℃)2003-2004ポールカーティス

/ usr/local/jabberd-2.2.9/bin/mu-conference:無効なオプション – ‘ – ‘
用途:ムー会議[- B]を[-] [- h]オプション掲載[- Dレベル] – cファイル
– Bの背景には、デーモン入れ
-地図をstderrにデバッグメッセージを掲載
このヘルプ印刷時間
出力のデバッグDレベルを設定するレベル
– Cファイルの設定は、configファイルに、必須の引数
ノートパソコン@ルート:〜#

“”のMUの、会議のスプールディレクトリを作成する。ムーの会議コンポーネントは、会議室情報を格納するためのスプールディレクトリが必要です。

ノートパソコン@ルート:〜#MkDir関数/ usr/local/jabberd-2.2.9/var/spool
ノートパソコン@ルート:〜#chownのjabber:のjabber / usr/local/jabberd-2.2.9/var/spool

注〜”のjabber:ジャバー”ユーザー/のjabberd2サーバーのグループ名です。

*のjabberd2インストールディレクトリのconfigファイル”MUの-会議”をコピーして設定を編集 –

ノートパソコン@ルート:〜#cpは/ var/src/mu-conference_0.8/muc-default.xml / usr/local/jabberd-2.2.9/etc/mu-conference.xml
ノートパソコン@ルート:〜#chownのjabber:のjabber / usr/local/jabberd-2.2.9/etc/mu-conference.xml
ノートパソコン@ルート:〜#

ノートパソコン@ルート:〜#viの/ usr/local/jabberd-2.2.9/etc/mu-conference.xml

<名前> conf.laptop.ubuntu.me”/名前”
<ホスト> conf.laptop.ubuntu.me”/ホスト”
<ip> localhostを”/ ipの”
ポート> 5347″/ポート”
<secret>の秘密”/秘密”

<spool> / usr/local/jabberd-2.2.9/var/spool”/スプール”
<logdir> / /場所LOGDIR””usr/local/jabberd-2.2.9/var/log
<pidfile> / / pidfileの””usr/local/jabberd-2.2.9/var/run/mu-conference.pid

<loglevel> 255″/ログレベル”

<sadmin>
<ユーザ名> admin@laptop.ubuntu.me”/ユーザ”
“/ sadmin”


… ..
ノートパソコン@ルート:〜#

*ここで、その後のjabberd2サーバーを再起動する”MUの-会議”…

ノートパソコン@ルート:〜#洙-リットルのjabber – sを/ bin / bashを- c”を/ usr/local/jabberd-2.2.9/bin/mu-conference -のB – ç / usr/local/jabberd-2.2.9 /等/ムー”conference.xml
ノートパソコン@ルート:〜#

*以下の記事は、initプロセスは起動スクリプトの例:’上記のチェック/ etc/init.d/jabberd2’ムーが開始されます会議。

ノートパソコン@ルート:〜#テール- f / usr/local/jabberd-2.2.9/var/log/mu-conference.log
月10月12日午前19時19分40秒2009 main.c:168(メイン):Jabberのコンポーネントのランタイム – 0.2.4を開始。
月10月12日午前19時19分40秒2009 MUの-会議:[conference.c:1076(会議)]ムー会議読み込んでいます – サービスID:conf.laptop.ubuntu.me

月10月12日午前19時19分40秒2009 MUの-会議:[conference.c:1157(会議)] sadmin admin@laptop.ubuntu.me追加
月10月12日午前19時19分40秒2009 MUの-会議:[xdb.c:319(xdb_rooms_get)] XDBのから部屋を取得するように求め
月10月12日午前19時19分40秒2009 MUの-会議:[xdb.c:418(xdb_rooms_get)] ..スキップ検索結果0件
月10月12日午前19時19分40秒2009 main.c:219(メイン):メインループを開始する。
月10月12日午前19時19分40秒2009 jcr_base_connect.c:34()jcr_socket_connect:localhostに接続しようとすると:5347
月10月12日午前19時19分40秒2009 jcr_base_connect.c:87(jcr_send_start_stream):オープンXMLストリーム:173バイト送信
月10月12日午前19時19分40秒2009 jcr_main_stream_error.c:50(jcr_main_new_stream):サーバのストリームに接続。
月10月12日午前19時19分40秒2009 jcr_deliver.c:51(jcr_queue_deliver):パケットの配信スレッドを開始する。

完了!

ステップ3]テスト”MUの-会議” –

*”で’サービスディスカバリーのと、部屋リストを確認する上でPSIの”IMクライアント、後藤[全般]メニュー]をクリックします…
*”‘ルームリスト’でGaim”IMクライアント、後藤、[ツール]をクリックします]セクションで。

一度’ムー会議’サーバが検出されました。 ‘をクリックしてください+のpidginバディー’メニューの’チャット’を追加します。 ‘にPSIのクリックの場合には参加Groupchat'[全般]メニューから””とし、参加する会議/ルーム追加するには’Conferneceルーム’。

楽しむ、
Arun Bagul

どのようにLinuxでシステムのネットワークドライバをインストールする

どのようにLinuxでシステムのネットワークドライバをインストールする

はじめに –

“AttansicルネサステクノロジのL1ギガビットイーサネットAdapte”ネットワーク(NIC)のカードまたはアダプタのRHEL4のが(RedHatの)システムが検出されませんでした。私はデバイスを検出するために葛などのコマンドを実行しているが、それを使用してみました。だから最終的に私は自分のネットワークカードのドライバをインストールする必要があります…

ステップ1] [デバイスの状態(ネットワークカード) –

ハードウェアのconfファイルからデバイスのステータスは以下の参照してください*〜”は/ etc / sysconfig / hwconf”
* AttansicルネサステクノロジのL1 Gigabit Ethernetアダプタは検出 – 不明なデバイス8226

03:00.0 Ethernetコントローラ:AttansicルネサステクノロジのL1 Gigabit Ethernetアダプタ(回転B0を)
サブシステム:マザーボードのunity:不明なデバイス8226
コントロール:I/O- Mem +バスマスタ+ SpecCycle – MemWINV – VGASnoop – ParErr -ステッピング- SERR + FastB2B –
状況:キャップ+ 66MHzのはUDF – FastB2B – ParErr – DEVSEL = fastを”TAbort -“TAbort – <MAbort-“SERR +”PERR –
待ち時間:0、キャッシュラインサイズ10
割り込み:IRQを201にルーティングされるピン

…..

[デスクトップ@ルート〜]#lspciを

03:00.0 Ethernetコントローラ:AttansicルネサステクノロジのL1 Gigabit Ethernetアダプタ(回転B0を)

…..
[デスクトップ@ルート〜]#lspciを-ム

03:00.0クラス0200:1969:1048(回転B0を)

…..
[デスクトップ@ルート〜]#

* venderID&DeviceIDを”1969:1048 “….上記のドライバをダウンロードしてください

ステップ2]をダウンロードしてソースを展開する –

ここからまず、ダウンロードベンダー*ドライバ

ftp://ftp.hogchain.net/pub/linux/attansic/vendor_driver/l1-linux-v1.2.40.3.tar.gz

または
オープンソース(http://atl1.sourceforge.net/)

[デスクトップ@ルート〜]#のtar xvfzのL1 – linuxの- v1.2.40.3.tar.gz

[デスクトップ@ルート〜]#のCDのL1 -のlinux – v1.2.40.3

[デスクトップの鉄骨@ルート]#1!
at_ethtool.c at.h at_hw.c at_hw.h at_main.c at_osdep.h at_param.c kcompat.c kcompat_ethtool.c kcompat.hのMakefile
[デスクトップの鉄骨@ルート]#

*ここでコンパイルしてドライバをインストールする

[デスクトップの鉄骨@ルート]を#
メイクĈ / lib/modules/2.6.9-78.ELsmp/buildはSUBDIRS = / root/l1-linux-v1.2.40.3/srcモジュール
する[1]:入りますディレクトリ`/ usr/src/kernels/2.6.9-78.EL-smp-i686′

…..
する[1]:出ますディレクトリ`/ usr/src/kernels/2.6.9-78.EL-smp-i686′
[デスクトップの鉄骨@ルート]#$エコー?
0

[デスクトップの鉄骨@ルート]をインストールする#
メイクĈ / lib/modules/2.6.9-78.ELsmp/buildはSUBDIRS = / root/l1-linux-v1.2.40.3/srcモジュール

…..
男- Ç – P’を猫”/ dev / nullを’atl1 | |真の
[デスクトップの鉄骨@ルート]#$エコー?
0

*ここでモジュール….カーネルをロードする

[デスクトップの鉄骨@ルート]#modprobeをatl1

ステップ3]今すぐかどうかをカーネルドライバまたは機能していることを確認します –

[デスクトップの鉄骨@ルート]#modinfoのatl1
ファイル名:/ lib/modules/2.6.9-78.ELsmp/kernel/drivers/net/atl1/atl1.ko
著者:Atherosの株式会社<xiong.huang@atheros.com>
説明:Atherosの1000Mのイーサネットネットワークドライバ
ライセンス:GPLの
バージョン:1.2.40.3 1FC4E58EBDF31F49BFD33E8
parm:TxDescriptors:ディスクリプタの送信数
parm:RxDescriptors:記述子の受信数
parm:MediaTypeを:MediaTypeを選択
parm:IntModTimer:モデレータタイマ割り込み
parm:FlashVendor:SPIフラッシュメーカー
vermagic:2.6.9 – 78.ELsmp SMPの686 REGPARM 4KSTACKS gcc – 3.4の
依存します:
エイリアス:のPCI:v00001969d00001048sv *のSD * bcの*理学* iの*
[デスクトップの鉄骨@ルート]#

[デスクトップの鉄骨@ルート] netconfigに#
[デスクトップの鉄骨@ルート] ifconfigコマンド#
eth0リンク方法:イーサネットハードウェアアドレス00:西暦:54:0:XXの:wwは
inetアドレス:192.168.0.2ブロードキャスト:192.168.0.255マスク:255.255.255.0
inet6アドレス:fe80::223:54ファカルティフェロー:fe0a:616b/64範囲:リンク
のBROADCASTがRUNNING MULTICASTのMTUをアップ:1500メトリック:1
RXパケット:0エラー:0損失:0オーバラン:0フレーム:0
TXパケット:7エラー:0損失:0オーバラン:0キャリア:0
衝突:0 TXキュー長:1000
RXバイト:0(0.0 2)テキサスバイト:498(498.0イ)
メモリ:feac0000 – feb00000

…..

[デスクトップの鉄骨@ルート]#

[デスクトップ@ルート〜]#viのは/ etc / sysconfig / hwconf

クラス:Network
バス:PCI
切り離された数:0
デバイス:eth0の
ドライバ:atl1
降順:”AttansicルネサステクノロジのL1 Gigabit Ethernetアダプタ”
network.hwaddr:00:西暦:54:0:XXの:wwは
のVendorID:1969
のDeviceID:1048
subVendorId:1043
subDeviceId:8226
pciType:1
pcidom:0
pcibus:3
pcidev:0
pcifn:0
[デスクトップ@ルート〜]#

楽しむ、
Arun Bagul